ホームへ


ひとり言メニューへ






   第7回:とんだ人まちがい by空悟
野心旺盛の若おやじ




何気にパーマをあてた。


個人的にはパーマをあてるのが好きである。


年に2〜3回はあてているだろうか・・・


何もしなくてもそれなりの髪型になる、


嗚呼、それは素晴らしいこと。





しかし良いことばかりではない


思い起こせば1年前の夏・・・


あれは大阪へ向かう電車の中での出来事だった・・・



曜日は日曜日だったか・・いや土曜日だったか


分かっているのは休日だったということ、



私がパーマをあてて間もなかったということだ。


私は座席に座っていた。ただ普通に・・・




それはちょうど三宮に着いたときだった。


ふと、1人の女性が私に近づいてきた。


年代は50歳ぐらいだろう。



大阪のおばちゃんを想像してもらえば

さほど差異はない



その女性はかなり興奮気味に私にこう言った・・・



「まあ、!!もしかしてムチャイ君??ー。


私、私、○○のおばちゃんっ


留学生のムチャイ君やろ?」



突然の質問に戸惑う


目の前のおばちゃんはどう見ても知らない人である。



しかもなぜか外人と間違われている。



おそらくは東南アジア系の外人と。



しかし、戸惑う私を見てすぐにおばちゃんが

すぐに切り返す



「あれ!?違う?ムチャイ君じゃないの??

ゴメンね〜凄く似てたから・・・

おばちゃん間違えちゃったわ」



と言ってギッと握り締めたままの手をようやく手放し


電車から降りていってしまった・・・



ぐっ! 何と一方的な人まちがいい。



ふと、周りをみると人の目線を感じる。



一連のやりとりを見ていたのであろう



なんかちょっと気まずい・・・


しかしなぜ外人と間違えられたのか・・・




はっ!もしかしてあてたてのパーマのせい!? 



確かに夏で少し日に焼けてはいたが・・・。








第1回:おっいす!はじめまして
第2回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(前編)
第3回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(後編)
第4回:気になるコーヒーの行方
第5回:えーかげんにせいって話
第6回:天使vs悪魔
第7回:とんだ人まちがい
第8回:キングという偉大さ
第9回:嗚呼〜小豆島よ !
第10回:傷だらけの思い出(前編)
第11回:傷だらけの思い出(後編)
第12回:被災地の復興
第13回:院長先生
第14回:原付でスピード違反
第15回:悲しき資本主義社会
第16回:ライブドア事件
第17回:冤罪
第18回:忙しい日々に追われながら

ひとり言メニューへ