ホームへ


ひとり言メニューへ






 第5回:えーかげんにせいって話
by空悟
野心旺盛の若おやじ



こんにちは!空悟です。冷夏って言うけどやっぱ暑いですねっ!!

余談ですがごくたまに"こんにちは"を"こんにちわ"って書く人いますよね。

今回お話するエピソードはK氏(以下K兄やん)が語るえーかげんにせいって

話です。

○月×△日

帰宅途中、お腹が減ったK兄やんは某ファーストフードMでハンバーガ−を

買って帰ることにしました。

車だったK兄やんはドライブスルーで購入することにしました。

ドライブスルーの前にくるとインターフォン越しにとても爽やかな声が

聞こえてきました。

店員:
「いらっしゃいませ。お決まりでしたらご注文をどうぞ」   

K兄やん:
「んーそうやなぁ、フィレオフィッシュセットと単品でチーズバーガーを

1つもらおうかな 」

店員:
「セットのお飲み物は何にいたしますか?」

K兄やん:
「んー。じゃあジンジャエールにしといて」

店員:
「かしこまりました。しばらくお待ちくださいませ」

と、どこにでもあるごく普通のやり取りが行われました。

とても腹の減っていたK兄やんはその足で家に帰ることにしました。

自宅に着くと早速ハンバーガ−を食べようと包みを開けました。

がしかし、K兄やん驚愕!!

開けて見てみると中に入っていたのは楽しみにしていたフィレオフィッシュ

ではなくチーズバーガー2つとポテトとコーラ。

それを見た瞬間、K兄やんの怒りがはじけました。

「一体わしのフィレオフィッシュはどないなったんじゃあ〜い!!」

怒りの収まらないK兄やんは直ぐに店に電話しました。

プルル、プルル、プルル・・・ガチャ

店員:
「毎度ありがとございます、Mです」

電話に出たのは若い女の子。話をするがラチがあかない

K兄やん:
「あんたじゃ話にならんから責任者とかわってくれ」

責任者:
「お電話代わりました。店長の○△□です」

K兄やん:
「さっきドライブスルーで買っていった者やけどなぁー。

家に帰って開けてみたら全然、注文とちゃうもんが入っとるやないか!

お宅の店員、耳遠いんちゃうか!?どないなってんねん!!」

責任者:
「誠に申し訳ございません。すぐに代わりの物をお持ちいたしますので・・」

まだ怒りが冷めないK兄やんは

「アホ当たり前じゃ!こっちは時間無駄にしてんねん!店員によう言うとけよ」

責任者:
「本当にご迷惑をお掛けしました。私からよく言っておきますので」

K兄やん:「
ホンマにもう・・・頼むで、じゃあそれでええわ」

責任者:
「それではお届けに上がりますので、ご自宅の住所をお願いします。」

K兄やん:
「えっ〜と住所は、△□市松田町3丁目3-5-102」

責任者:
「繰り返します。△□市松本町3丁目4-3の・・・ええっと102ですね」

K兄やん:
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
注文間違った店員、お前やろっ!!」   

チャンチャンチャン♪



第1回:おっいす!はじめまして
第2回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(前編)
第3回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(後編)
第4回:気になるコーヒーの行方
第5回:えーかげんにせいって話
第6回:天使vs悪魔
第7回:とんだ人まちがい
第8回:キングという偉大さ
第9回:嗚呼〜小豆島よ !
第10回:傷だらけの思い出(前編)
第11回:傷だらけの思い出(後編)
第12回:被災地の復興
第13回:院長先生
第14回:原付でスピード違反
第15回:悲しき資本主義社会
第16回:ライブドア事件
第17回:冤罪
第18回:忙しい日々に追われながら

ひとり言メニューへ