ホームへ


ひとり言メニューへ






 第2回  ブロッコリーなんて嫌いだ!(前編) by空悟
野心旺盛の若おやじ



こんにちは。細身なのにお腹が出てきた空悟です。

最近は雨ばかりでうっとうしい日が続きますね。梅雨明け宣言が待ち遠しい今日この頃。

この時期いつも思うのですが沖縄の梅雨明け宣言って異様に早いですよね。

しかもニュースでイチ早く取り上げられて、こっちは梅雨真っ盛りやのにねっ~。

さて、今回のお話「ブロッコリーなんて嫌いだ!」もちょうどジメジメしたこの時期のお話です。

何を隠そう私が唯一、苦手としている食べ物がブロッコリー。

食べるなんてもってのほか・・見るだけでもちょっと嫌なくらいです。

人に言うと「ブロッコリーが嫌い?おいしいのに」とか「あれって栄養あるんだよ」なんてよく

言われます。

私も昔は普通に食べていたのですが、ある日を境に見るのも嫌になってしまいました。

それはかくかくしかじかこういう経緯がありました・・・

私がまだ肌つやもいい学生だった頃。お金がなかった私はアルバイトに明け暮れていました。

特に建設業のアルバイトは日給がよかったため友達の間では人気があったものです。

当時、神戸は震災の復興工事が盛んに行われていました。次々とビルや家を建てるもの

だから建設業界は超人手不足。だから私たちのようなド素人にも仕事がまわってきたので

しょうね。

この種のバイトは朝早く事務所に行きそこで仕事をもらうというシステムなのですが、これが

また超アバウト。連れて行かれる現場も行くまでわかりませんし、仕事があるかどうかさえ

行ってみなければわからない。

朝、事務所に行くと社長に「あっ!ごめん君、今日は仕事無いわ〜」って普通に言われる

んですよ。もっと事前にわからんかったんかい!ってなるでしょ!?

そんなX日、思いもよらぬ災難が私の身に降りかかるのでした・・・(後編へつづく)






第1回:おっいす!はじめまして
第2回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(前編)
第3回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(後編)
第4回:気になるコーヒーの行方
第5回:えーかげんにせいって話
第6回:天使vs悪魔
第7回:とんだ人まちがい
第8回:キングという偉大さ
第9回:嗚呼〜小豆島よ !
第10回:傷だらけの思い出(前編)
第11回:傷だらけの思い出(後編)
第12回:被災地の復興
第13回:院長先生
第14回:原付でスピード違反
第15回:悲しき資本主義社会
第16回:ライブドア事件
第17回:冤罪
第18回:忙しい日々に追われながら

ひとり言メニューへ