ホームへ


                                                     ひとり言メニューへ






   第13回:院長先生 by空悟
野心旺盛の若おやじ



今回お話しするのは5〜6年前、ある医院で

繰り広げられた実話である。


そう、あれは粉雪が舞う、とても寒い冬のこと・・・

あの冬、私は風邪をこじらせてしまった。

不覚にも。


39度の高熱。

ヘントウセンが腫れ食事も喉を通らない。

丸一日、会社を休み、家で寝ていたものの、

まともに食事を取れないせいか

2日目になっても回復の兆しがない。


高熱で意識がもうろうとする・・・

どうしよう・・・



んっ・・はっ!そうだ医者に行こう。

私は体を引きずるように、近所の凸凹医院へなだれ込む。



「風邪をこじらせてしまったようで・・ゴホッゴホ」


看護婦さん:「受付をしますので、しばらく

そちらの椅子でお待ち下さい。」


周りを見渡すと、5〜6名はいただろうか。

いずれもご高齢者だ。

私とて、ご年配の患者を差し置いての治療など

できるはずもない。


椅子に座りしばらく待つ。


しんどいが待つ・・・


すると、「空悟さん。診察室にお入りください。」と看護婦の声。


私は扉を開け、診療室に入る。


看護婦さん:「先生がこられますので、そちらの椅子に
 
お掛けになってお待ち下さい。」

「はい。」


キッーカラカラ・・・キィー、キィ-・・・。

んっ? 何かを引きずる音。


次の瞬間、私は目を疑った!!!


私の前に現れた白髪の先生・・・。


ゆうに60歳は通りこしているだろう

がっ!?

なぜか自分の腕に
点滴を吊り下げているではないか!


自ら点滴をぶら下げる台を押しながらの登場だ。



椅子に座る院長・・・

息をのむ私・・・



小刻みに手が震えている

と、ふいに一言。

院長:「今日はどうされました?」



「おっ、おっ、お前が

どないしたんじゃあぁぁぁいー!!」




その後、あろうことか、私は自分の手に点滴を打っている

院長先生に、「点滴はいいですよ〜」と言われながら

点滴を打たれ治療を終えた。




それから幾年かの月日が流れた・・




あれからあの医院には一度も行っていない。

医院の前でふと看板に目をやるたび

あの時の、ありえない診療を思い返す私であった。


チャンチャン♪





第1回:おっいす!はじめまして
第2回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(前編)
第3回:ブロッコリーなんて嫌いだ!(後編)
第4回:気になるコーヒーの行方
第5回:えーかげんにせいって話
第6回:天使vs悪魔
第7回:とんだ人まちがい
第8回:キングという偉大さ
第9回:嗚呼〜小豆島よ !
第10回:傷だらけの思い出(前編)
第11回:傷だらけの思い出(後編)
第12回:被災地の復興
第13回:院長先生
第14回:原付でスピード違反
第15回:悲しき資本主義社会
第16回:ライブドア事件
第17回:冤罪
第18回:忙しい日々に追われながら

ひとり言メニューへ