ホームへ

                                                                 観光マップへ戻る



須磨寺







須磨寺は正式の名を「上野山福祥寺」と言う真言宗のお寺。山陽須磨寺駅から北へ10分。
平安時代初期に開山し、1100年以上の歴史がある
源平ゆかりのお寺で 「須磨のお大師さん」として人々に
親しまれています。
境内には、数多くの句碑などがありますが、なかでも
様々な「おもしろいもの」は必見ですよ。









源平の庭




平敦盛(左)と熊谷直実(右)の像

源氏と平氏の戦い、平敦盛と熊谷直実の一騎打ちを再現した庭。
当時16歳の無官太夫・平敦盛が一の谷の浜辺において、源氏の武将熊谷直実に
討たれた話は平家物語の中で最も美しく、最も悲しい物語として古来語り継がれて
います





弘法岩五鈷水

大きな五鈷を石の台座に置いた手水処にすることになった後、予定地にお大師様だと思わせるような山のような像形が浮かび、そのような石を求めて四国各県を訪ね歩いたそうです。そしてめぐり合った大岩を「弘法岩」と称し迎えられました。





須磨寺HPへ